Pocket

仮想通貨を始めたい方へ

このページに来られた方はビットコインや仮想通貨の高騰の話を聞いて、仮想通貨取引を始めようとしている方だと思います。仮想通貨っていうと世間的にはまだ”ビットコイン”が主流で、その他の通貨のことを知らない方もいらっしゃると思います。ビットコインのほかにもイーサリアム、リップル、ネム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ等々、すべて含めると数百から数千種類の通貨があるといわれています。

一言でいえばこの仮想通貨、一種の電子マネーのようなもので、ほとんどの通貨が”ブロックチェーン”という技術を用いて、取引データが改ざんされにくいシステムを導入しています。
この革新的技術を使用した仮想通貨の将来性を見据えて、投資家の皆さんがこぞって資金を投入しているわけですネ。2017年は仮想通貨怒涛の暴騰ラッシュでしたので、私もびっくりするほど資産が増えました。まぁ毎日2倍3倍の価値になる通貨がごろごろありましたからこの相場で増やせないほうが不思議なくらいです。

2018年もしばらくはこの勢いが続くと思いますので、銀行にお金を眠らせておくのはもったいないですよ! 1万円からでも投資は始められますので、ぜひこの機会にスタートしてみてはいかがでしょうか? ざっくりとした取引までの流れを書いていきます。参考になればよいのですが。

1.取引所に登録する

まずは仮想通貨を扱う取引所に登録します。取引所によって扱う通貨が違いますので、使う使わないにかかわらず、主要な取引所はすべて登録することをオススメします。ここは有名な国内取引所と僕がメインで使ってる海外の取引所3つを紹介します。

CoinCheck-コインチェック

登録はコチラから
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
コインチェックは最近、出川さんを起用したCMをやってますね。国内では最もメジャーな取引所と言って差し支えないと思います。コインチェックはBit coinの取引のみが可能です。他の通貨は取引ではなく、コインチェックから購入することができます。投資の入口としてBitコインを取引するならまずはココ。その他通貨はコインチェックの手数料が乗るため少し割高です。私(というかみんなだと思うケド)がココをおすすめするのは、下のような取り扱い通貨の価格一覧表が見やすいこと。とりあえず朝起きたらコレを見に行くって感じです。ここは絶対に登録しておきます。国内はここだけでいいかもって個人的には思うw

コインチェックの取り扱い通貨の価格一覧がトップページに表示されます。
コインチェック


Zaif-ザイフ

登録はコチラから

お笑い芸人かまいたちさんが「M-1優勝したらNEM買う!」って発言で有名になったNEM推しの取引所です。彼らがCMやるらしいですね。楽しみです。NEM推しの方は是非登録して下さい。現在登録に1か月とか要するみたいです。急に仮想通貨人口増えましたからねぇ・・・。追いついてないのかも。
この取引所は2017年に価格が1000倍くらいになった2チャンネル発祥のモナコインを取り扱ってます。もちろんビットコインやイーサリアムなどの主要通貨も取り扱いありです。
 


Bitflyer-ビットフライヤー

登録はコチラから
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
こちらの取引所はビットコイン取引量No1だとか。今はどうなのかな? たぶん国内で一番最初にテレビCMを始めた取引所じゃないでしょうか?雑誌などの広告でもよく見ます。ビットコインの先物もやってたり、取引所!ってかんじの取引所です。いろんなキャンペーンや取り組みをやってる印象です。ここもモナコイン扱ってますね。特に理由はないのですが、僕はあんまりビットフライヤー使ってませんゴメンナサイ。


さて、海外の取引所も行ってみましょう!国内はでは買えない通貨も、海外ではバリバリ買えます。世界が注目している通貨がたくさんありますので、高騰しないうちに手に入れる準備はしておきましょう。では4つほどオススメを紹介しますので、とりあえず登録をお勧めします。

Binance-バイナンス

登録はコチラから
Binanceの登録
国内だけとどうしてもオイシイ通貨を取りこぼしてしまうので、海外の取引所もあけておきます。手続きに時間がかかることがほとんどですので、使う使わないにかかわらず、オープンしてすぐ取引ができる様にしておくことが大事です。ここは香港の取引所で主要なコインはもちろんのこと、単価が安いマイナーな通貨(みんな草コインとかウ〇コイン)が結構あります。
最近日本語にも対応し、非常に使いやすいインターフェイスでよく使っています。2017年後半話題になったADAコインの取り扱いもあります。今年の12月の1か月間で価格が5倍になりましたね。最初の事前セールからはなんと250倍。もう少し仕込んでおけばよかった・・・。こんな後悔がよくありますw


Bittrex-ビットトレックス

登録はコチラから
Bittrexの登録
ここも主要通貨からマイナー通貨まで幅広い取り扱いありです。たぶん200以上。ありすぎて数えてない。全編英語ですが、なれれば難しくはないです。インターフェイスが非常に使いやすく、お気に入りの取引所の一つです。


Poloniex-ポロニエックス

登録はコチラから
Poloniexの登録
仮想通貨取引量No1の取引所らしいです。仮想通貨を始めたころはよく使っていましたが、最近あんまり使ってませんねー。でも取引通貨の数は60くらいと多いから登録しておくほうがよいと思います。Bittrex、Binanceの次くらいかな。


Coin exchange-コインエクスチェンジ

登録はコチラから
Coin exchangeの登録

最近お気に入りの取引所です。草コイン(マイナー通貨)の取り扱いがあります。私はXPっていう単価0.02円の通貨を1千万枚(=20万円)とストロングハンズっていう単価0.00001円のコインを1億枚(=1万円!!)持ってます。 ストロングハンズが間違って1円にでもなったら、億万長者ですね笑
夢を買うならこの取引所です。ここはビットコインで取引できる通貨もありますが、単価が安すぎるのでDogeコインというこれまた単価安の通貨で取引します。

流れはこう。コインチェックでビットコインを買う⇒コインエクスチェンジにビットコイン送金⇒コインエクスチェンジでDogeコインをビットコインで買う。⇒XPとかストロングハンズ(SHND)をDogeで購入。ややこしいですw夢を買うなら仕方ないwみなさんも1万円で夢を買ってみませんか?w

各取引所の登録には身分証明書が必要

取引所の利用には身分証明書の準備が必要です。これは株取引やFX取引の際と同じですね。これ登録しないと、トレードできる金額や1日の出金上限が制限されたりしますので、さっさと登録してしまいます。国内の取引所は運転免許証のみで大丈夫ですが、海外の取引所はパスポートが必要な場合もあります。運転免許の裏表、パスポートの表紙と個人情報ページを携帯のカメラなどで撮影して画像ファイルとして保存しておきます。登録の際に画像をアップロードして提出することになります。

2段階認証を設定する

取引所へ登録する際、一般的な会員サイトと同様にパスワードを設定しますが、さらに強固なセキュリティとするため、2段階認証を設定します。この認証方法は1分ごとに更新される6桁のパスワードを使って認証する方法です。まず下記のGoogleの2段階認証アプリをダウンロードし、各取引所の2段階認証設定(海外は2FAと書いてあることが多い。)をします。1分ごとにパスワードが切り替わりますので、スマホと取引所のパスワードを一緒に盗まれない限り、第三者はアクセスすることができなくなります。

アプリのダウンロードはこちらから
i-phoneはコチラ⇒ Google 認証システム
Androidはコチラ⇒ Google 認証システム

使い方は簡単で、各取引所から提供されている二段階コードをアプリに入力するだけ。アプリ右下の「+」からテキスト入力かQRコード入力を選べます。一回設定してしまえば、あとはアプリを立ち上げるたびに、自動でパスワードを発行してくれるようになります。これで不正アクセス対策もバッチリですね。

Androidだと以下のような画面になります。6ケタパスワード見えますか?これが1分ごとに更新されます。右下の”+”で新しい認証追加です。
2段階認証

取引所は2段階認証の設定用に以下のようなQRコードを用意してくれています。アプリからこれを読み取るだけで設定は完了です。取引所によっては取り込んだ2段階認証コードを入力して設定を完了することもあります。以下はBinanceのコード例です。

実際に取引をしてみる。

まずは資金を準備します。当然皆さん最初は日本円で準備しますよね。まずは国内の取引所に入金しましょう。どこでもいいです。クレジットカードでも通貨を買えるところもありますが、手数料が高いので、銀行振り込みにしましょう。入金されたら日本円をビットコインに変えます。ビットコインの価格は1btc=2,000,000円ほどです。(btcはビットコインの単位)
「いきなり200万円必要なのかよー!!」となると思いますが、そうではありません。小数点8桁まで分割して買えます。0.1btc買うこともできますし、0.001btc買うこともできます。前者は20万円、後者は2万円ですね。小額からも始められます。さて、さっそく取引所で買い注文を出してみましょう。直近の価格の履歴を見て、上がりそうなときに買います。(まぁこれが難しいんですが・・・。)

ビットコインを保有することができたら、そこからが始まりです。他の通貨を買うときはビットコインを使って買うことが主流です。マイナー通貨は円とトレードできません。すべて対ビットコインでトレードします。最初はこれで頭がこんがらがる笑

例えば1通貨80円のリップル(単位xrp)という通貨がありますが、ビットコインの価格が2,000,000円だと、取引所に表示される価格は80円÷2,000,000円なので、0.00004000と表示されます。先ほど書いたように小数点以下8桁まで表示されます。つまりこれは、1xrp買うのに0.00004btcが必要ということです。1000xrp買うときに必要なビットコインは0.04btcってことですね。今この世界の中心はビットコインですので、まずはbtcを増やすようにトレードするのがオススメかなと個人的には思います。

では、リップル(単位xrp)という通貨を買う手順を見てみましょう。
①コインチェックに日本円を銀行振り込みする
ウォレット⇒日本円/USドルを入金するに進むと口座情報が。ここに振り込みます。入金が反映されるのに1~2日かかります。
日本円の振り込み
②コインチェックでビットコイン(btc)を買う
入金されたら取引所でビットコインを買ってみます。下図の①レートに買いたい値段。例えば2190500円とかを入力。②注文量に買いたい枚数を入力します。20万円入金なら大体0.91枚になりそうですね。0.91を入力してみます。下の買いボタンが選択されていると背景が緑に、売りボタンが選択されていると背景が赤になります。今回は買いなのでこのまま注文するを押します。左の売り買い表(板)でどの価格にどれくらい注文が入ってるか見ることができます。自分の指定した金額になると、晴れてビットコイン入手です。注文が通ることを約定(やくじょう)といいます。
BTC買い
↓板情報。売り買いの注文が並んでいる。安く買って高く売るのが基本です。僕に言われるまでもないでしょうが、念のため・・・。

③Binanceにbtcを送金する。
コインチェックでもリップルは買えますが、割高です。なぜなら取引じゃないから。コインチェックが保有しているリップルを売っているに過ぎないのです。だから手数料が乗るんですね、納得。リップルが取引できる取引所-Binanceにさっき買ったビットコインを送ります。まず送金にはアドレスって言うのが必要です。

Binanceの資産⇒預金の引き出し⇒BTCをリストから探して、預金ボタンを押します。
そうするとなんだか長い文字列が表示されますね。これがあなたのBinanceのビットコインアドレスです。この文字列をコピーします。

次はコインチェックからこのアドレスに送金してみます。
ウォレット⇒コインを送る⇒送金先リストの編集を押す。⇒送金先の入力
ラベル①は適当に取引所の名前を入れておきます。
アドレス②に先ほどのbinanceのBTCアドレスをコピペ。これ間違えるとリアルに資産を失います。間違ったアドレスに送ったコインは永久に帰ってきません。取引所も手の及ばないBTCシステムの話なので、取引所に泣きついても対応してくれません。
宛先③で今登録した宛先を選択します。
金額④に送金したいBTC枚数を入力します。手数料が0.001枚持っていかれますので、全額送る場合は0.001を引いた数を入力です。
送金する⑤で送金完了です。全ての入力が終わってから押します。

送金時間はまちまちですが、コインチェックは手数料高めなので、30分から~1時間といったところでしょうか?送金時間に関しては”BTC送金、ブロックチェーン、承認、マイナー”といった語句の組み合わせで検索を掛ければ仕組みがわかると思います。

④Binanceでリップル(xrp)を買う
Binanceの資産⇒預金の引き出しでBTCが着金しているか確認します。確認できたらいよいよリップルを買います。買うというかBTCとトレードですね。取引センター⇒ベーシックとクリックします。
①が売り板、②が買い板、③が取引銘柄です。xrp/btcを選択します。

次に買いたい価格と数量を入力します。板情報を見ながらうまく買ってくださいねw

⑤儲かったxrpやbtcをコインチェックに送金
今度は逆です。Binanceからコインチェックに送金してみます。xrpを直接送ってもよいのですが、コインチェックでxrp⇒日本円にすると手数料が高いので、一旦xrpを売ってbtcに変えてから送金することをお勧めします。手順はコインチェックでBTCアドレスを取得してBinanceから送金するだけです。資産⇒預金の引き出し⇒お引き出しでコインチェックのアドレスを入力です。ここでも間違えたら即終了ですので、慎重に。Binanceの送金手数料は0.0005BTCとコインチェックの半分ですが、その分送金が遅くなる可能性があります。混んでるときはホントに着金しなくて焦ります・・・。気長に待ちましょう。
⑥コインチェックでbtcやxrpを売る
先ほど出てきた「②コインチェックでビットコイン(btc)を買う」の所とほぼ同じです。売るボタンを押して背景を赤にしてから、入力して下さい。
⑦日本円引き出し
ウォレット⇒日本円を出金するから登録した銀行に振り込みできます。長い道のりでしたね。お疲れ様w

ここまでが一連の流れです。かなり煩雑ですが、慣れれば問題ありません。頑張って取引始めてみましょう!まずは取引所の解説です。皆さんの投資が成功しますように・・・。(投資は自己責任でお願いしますね。)


パソコンのトラブルはこちらへ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です