Pocket

CMS 比較-ホームページ制作・更新の効率大幅アップ!

 「CMS」と言われてもピンと来る方は、意外と少ないのではないでしょうか?CMSとはコンテンツマネージメントシステムの各単語の頭文字をとったもの。CMSって何か簡単にいうと、ホームページの制作・管理・運用を手助けしてくれるシステムです。一般的なCMSはホームページをアップロードするサーバーにインストールして使用します。基本的な使い方はまずテンプレートでサイトの大枠のデザインを決定し、その後、記事を作ったりや画像の配置等をシステム上で編集していきます。サイトの表示はシステムが自動でhtmlを書き、体裁を整えてくれるので、管理者は記事や画像などのコンテンツを作る作業に専念できるわけです。難しいコードの知識はあまり必要としませんが、html、PHP、css、javascriptの知識があれば、より自由度の高いサイトが手早く作れるようになります。本記事では比較的有名なCMSを幾つか紹介したいと思います。ちなみにComtopiaのホームページは2015年4月までは「joomla」、2015年5月からは「wordpress」というCMSを使用して作られています。

1.Wordpress

wordpress
オススメ度:オススメオススメオススメオススメオススメ

 日本国内では今や一番有名なCMSとなりました。ブログの為のCMS。テンプレートの多さと、機能を強化するプラグインの豊富さで大人気、SEOにも強いとイイこと尽くめ。アメーバやFC2などの無料ブログサービスから一歩ステップアップしたい人には最適なCMSと思います。ブログ向けのCMSなので、他のCMSと比較してサイトの構成力では劣っているような気もしますが、よっぽど凝ったサイトを目指さない限り問題にはなりません。扱いもCMSの中では優しい部類ではないでしょうか?PHPとcssの知識が少しあるといいですね。選択に迷ったらとりあえずコレというかんじでも全然OKだと思います。

[こんな方にオススメ]
ブログをメインにしたホームページを作りたい方、CMS初心者。

本家サイト:http://wordpress.org/
日本語サイト:http://ja.wordpress.org/

2.joomla

joomla
オススメ度:オススメオススメオススメオススメ

 Wordpressと人気を二分するCMSです。世界的に見るとjoomlaの方がユーザーが多いらしいです。世界で3,000を超える政府機関のホームページにも採用されるほど信頼性の高いCMSです。世界で1,2を争うシェアを持っていることから、テンプレートや機能を強化するエクステンションの数も豊富。企業サイトはもちろんのこと、会員制サイトやポータルサイトまで思いのまま。かなり細部まで設定することが可能ですがwordpressより難しくPHP,css,javascriptの知識が無いと細部の改造は厳しいです。あとは国内での情報が少なく、海外サイトに頼ることが多くなりますのである程度の英語能力が必要です。

[こんな方にオススメ]
会員制サイトや企業ホームページを作りたい方。PHP,cssなどがある程度理解できる方。

本家サイト:http://www.joomla.org/
日本語サイト:http://joomla.jp/

3.Movable type

ロゴはMovableTypeから提供されていないため、貼れません・・・スミマセン。
オススメ度:オススメオススメオススメ

 国内ではかなり有名なCMSです。少し前までは書店で販売されているCMS関連書籍はほとんどがMovableTypeでした。(今はたぶんWordpressが一番だと思います。)
このMovableType、個人利用は無料ですが、商用利用にはライセンス料が必要なので注意が必要です。Wordpressと比較し確かにサイト構築、編集は簡単なのですが、PHPベースで、SEOにも強いWordpressが今は一歩も二歩もリードしている感は否めません。しかし複数のサイトを管理する機能がMovableTypeにはあり、たくさんのサイトを管理する方にはいいかもしれません。また有償が故にサポートが受けれるところがメリットですかね。

[こんな方にオススメ]
たくさんのサイトを管理したい方、ピシっと技術サポートを受けたい方。

本家サイイ:https://movabletype.org/
日本語サイト:http://www.movabletype.jp/

4.Drupal

drupal
オススメ度:オススメオススメオススメ
 Wordpress、JoomlaとこのDrupalを含めて、オープンソースCMSアワードで3強なんだそうです。ボクはコレ使ったことありませんがわりとメジャーなCMSでモジュールも結構あるようです。元々は掲示板を作成を目的としたオープンソースプロジェクトだったそうです。なんとホワイトハウスやNASAのホームページでDrupalが使われています!その信頼性の高さが伺えます。こちらもjoomla同様、日本語の情報が少ないのがネック、だそうです。

本家サイト:https://www.drupal.org/
日本語サイト:http://drupal.jp/

5.Concrete5

concrete5
オススメ度:オススメオススメ

 concrete5は初心者向けのCMSと言えます。文章やテキストをブロックのように配置していくだけで簡単にサイトが作れます。マイクロソフトのPower Point感覚でホームページが作れる、CMSと言うよりホームページビルダーのような感じに近いのかなと思います。日本公式サイトの動画を見れば「あ、簡単そう!」っていうのがわかって頂けると思います。ちょっとホームページ作りたいな~っていう人にはうってつけのツールだと思います。こういう直感的に使えるツールってスバラシイですね。

[こんな方にオススメ]
簡単なHP作成ツールがいい方。

本家サイト:http://www.concrete5.org/
日本語サイト:http://concrete5-japan.org/

6.xoops

xoops
オススメ度:オススメオススメ
 日本生まれのためか国内知名度が比較的高いCMSで、インターネットでコミュニティサイトを作るのを得意とするCMSです。PHP等の知識はなくとも比較的簡単にコミュニティサイトを構築できますが、サイト改造となるとやはりPHP,css,mySQLなどの知識が必要となってきます。一時期少し流行ったCMSですが今は衰退してきている印象を受けます。書籍もいくらか見かけることができますので、基本的なサイト構築の情報は入手可能かと思います。

[こんな方にオススメ]
インターネットコミュニティサイトを作りたい方

本家サイト:http://www.xoops.org/
日本語サイト:http://xoopscube.jp/

CMS でのホームページ作成をお手伝いします!

 Comtopiaでは上記で紹介した各種CMSを使ったホームページ制作を承っています。CMSの魅力はHPの更新がやりやすいことと、ブログを書く感覚でコンテンツを簡単に追加していけることです。これはすなわちHP更新にかかる費用が少なくて済むということです。Comtopiaでは現状トレンドからWordpressもしくはjoomlaでのwebサイト作成をオススメしております。初心者で使い方がわからない方にも、HP更新ができるようにサポート致しますので、是非CMSでのホームページ制作をご検討下さい。神戸に限らず全国対応しております。

CMSに関するお問い合わせ


パソコンのトラブルはこちらへ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です