Pocket

ピアノ連弾曲 の練習が3倍捗る、PCで楽譜の打ち込み。

夏前の恒例行事として娘のピアノ発表会があります。独奏曲と連弾曲(二人で演奏するやつですね)を1曲ずつ発表するんですが、連弾曲の練習が毎年大変。相方がずっと居るわけではないので、自宅練習は当然一人でやることになります。今回はそんな一人練習をサポートしようじゃないか!というお話。

ピアノ連弾曲って?

一つの曲を二人で同時に演奏する曲のことだそうです。メロディーパートとコード(和音)パートに別れて演奏することが多いようですネ。一人で演奏する独奏曲と比較すると、当然音の数が多くなるので、音に厚みのある重厚な演奏となります。うまい人同士で弾くと、めちゃめちゃカッコイイです。

自宅での練習は一人・・・

常にパートナーと一緒にいるわけにはいかないので、自宅ではパートごとに個人練習です。ちなみに娘の今年の連弾曲は『くるみ割り人形のロシアの踊り』という曲。めっちゃ速い曲で、弾けないボクからすれば苦行としか思えません。連弾曲は合奏して初めて楽しいのであって、一人での練習はつまらんだろうなと、端から見て思うわけです。
娘は娘でわりと一生懸命練習するので相手が居ないと可哀想だし、じゃあパソコンで連弾相手を作ってしまおうじゃないかと。

楽譜を打ち込んで音声ファイルにする。

毎年楽譜を打ち込んで、以下のようなパートごとの音声ファイルとテンポを下げた音声ファイルを作ってあげます。1から打ち込みで作るので結構大変なんですが、『これで連弾の練習が捗るハズ!』と勝手に思って、毎年作ってます。練習方法としては最高だと思うのですが、いかがですかね?笑
(クラシックで著作権フリーになってますので、ダウンロードできるようにしておきますね。)

『くるみ割り人形-ロシアの踊り』
原曲バージョン【140bpm】
A/Bパート
Aパート
Bパート

ゆっくりバージョン【110bpm】
A/Bパート
Aパート
Bパート

もっとゆっくりバージョン【80bpm】
A/Bパート
Aパート
Bパート

音声ファイル作成に関するお問い合わせ

ピアノの練習、特に連弾曲の相手探しででお困りの方、楽譜を頂ければ音声ファイル打ち込みお手伝いします。バンドの練習にもパートごとの音声ファイルを作れば、一人練習がはかどりますよ~。
楽譜打ち込みに関するお問い合わせ

パソコンのトラブルはこちらへ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です